曺貴裁氏

曺貴裁氏

 J2京都サンガFCは9日、来季の新監督に、昨季途中までJ1湘南を率いた曺貴裁(チョウキジェ)氏(51)が就任すると発表した。

 曺氏は京都市左京区出身。洛北高から早大に進み、日立製作所(現柏)などでプレー。2012年から湘南の監督となり、走り勝つスタイルを確立して3度のJ1昇格や18年のルヴァン杯優勝に導いた。19年、パワハラ行為が発覚して10月に退任し、翌月に日本サッカー協会から公認S級コーチライセンスの1年間の資格停止処分を受けた。今年は関東大学リーグ2部の流通経大でコーチを務めている。

 曺氏はクラブを通して出したコメントで、ハラスメント行為についてあらためて謝罪したうえで「ここ京都は自分が生まれ育った町です。そのクラブから一緒に高みを目指していこうと言葉を掛けていただいたことはこの上ない喜び」とし、「この1年で学んだ、スタッフ・選手一人一人の気持ちや思いの深い部分まで理解する姿勢を大切にしながら、歓喜する瞬間をたくさん見せ続けることが最大のミッションだと感じています。京都のフットボールを皆さんと一緒に世界へ近づける。この夢をかなえるために一生懸命頑張ってまいります」と意気込みを寄せた。

 サンガの伊藤雅章社長は「真に強いクラブを作るためには、体質の抜本的改革が不可欠。ハードワークをいとわず、常に闘争心にあふれ、躍動し、チャレンジする精神を大切にし、人としても成長する。その結果、選手自らも達成感や充実感が得られるようなクラブに変革を遂げなければならない。重責を担っていただける人物として監督に就任いただくことになった」などとするコメントを出した。