「もうひとつの京都」の3エリアで発行している計5種類の周遊パスを収められる乗車記念台紙(京都市上京区・府庁)

「もうひとつの京都」の3エリアで発行している計5種類の周遊パスを収められる乗車記念台紙(京都市上京区・府庁)

 京都府は、京都市を除く「もうひとつの京都」エリアで路線バスやローカル線が乗り放題になる周遊パスの乗車記念台紙を作った。パスを購入した希望者に12日から無料配布している。

 台紙はA4判の見開き。京都府北部の「海の京都」、中部の「森の京都」、南部の「お茶の京都」の3エリアで発行している計5種類の周遊パスを収納できる。

 周遊パスは、京都府と交通事業者が1000~3000円の割引価格で販売。新型コロナウイルスの影響で利用が落ち込む公共交通や観光地への支援が狙いで、有効期限は来年3月末まで。