祇園甲部歌舞練場(2019年10月)

祇園甲部歌舞練場(2019年10月)

 京都五花街の一つ、祇園甲部組合(京都市東山区)は10日、20~70代の芸妓3人と10代の仕込み(舞妓見習い)1人の計4人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。感染経路は不明だが、症状は軽い。

 組合によると、芸妓は70代1人と20代2人。4人は12月初旬に発熱やせき、のどの痛みを訴えて受診。風邪と診断されたが、症状が改善せず、PCR検査を受け、陽性と判明した。

 これを受け、同組合では10日から芸舞妓全員のPCR検査を実施、11日までに計約100人の検査を終える予定。