体表に黒い斑点が特徴のチャネルキャットフィッシュ(滋賀県彦根市八坂町・滋賀県水産試験場)

 大津市の瀬田川洗堰(あらいぜき)上流で、北米原産の特定外来生物「チャネルキャットフィッシュ(通称アメリカナマズ)」の捕獲数が急増している。大雨で洗堰を全開放流した際に上流に移動するとみられ、昨年は幼魚が大量に捕獲されて上流での繁殖も裏付けられた。大きくなると全長80センチ程度になり、魚も食べる雑食性。洗堰上流には琵琶湖までの障壁がなく、漁業への影響を懸念する滋賀県は「洗堰上流での根絶」に向けて駆除を強化している。

 バシャバシャッ―。たらいの中でチャネルキャットフィッシュがのたうった。「大きいでしょう。ひれのとげが固くて、グローブも貫通するんですよ」。生態調査のため2015年から飼育する県水産試験場(滋賀県彦根市)の石崎大介主査が、背びれと胸びれを指さした。

琵琶湖・瀬田川でのチャネルキャットフィッシュ捕獲数

 琵琶湖固有種のビワコオオナマズより小ぶりだが、一般的なナマズ(日本ナマズ)より大きく迫力満点。8本のひげは在来ナマズのギギと同じ。幼魚は見分けがつきにくいが、体表に黒い斑点があるのが特徴だ。1970年代に食用で国内に持ち込まれて河川に逃げ出したとみられ、オオクチバス(通称ブラックバス)同様に無許可の飼育や生きたままの移動を禁じる「特定外来生物」に指定されている。

 琵琶湖では2001年に北湖で初めて確認され、今年11月末までに計51匹が捕獲された。一方、瀬田川の洗堰上流では14年に初確認され、7年足らずで280匹を超えた。瀬田川全体の捕獲数は計769匹に上る。すでに南湖に移動している魚もいるとみられるため、県は18年度から駆除に本腰を入れ始め、19年9月には生後2年目とみられる幼魚を洗堰上流で大量に捕獲。緊張感が一気に高まった。