田中希実

田中希実

 新型コロナウイルスの影響で中止になった皇后杯第39回全国都道府県対抗女子駅伝の代替大会として、1月17日にたけびしスタジアム京都(京都市右京区)で行う「京都 女子駅伝・中長距離競技会」のエントリーが12月16日までに締め切られた。東京五輪女子5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC、同志社大3年)は1万メートルに出場する。


 大会は京都陸協が主催し、京都新聞とNHK京都放送局が共催、日本陸上競技連盟が特別協力する。


 3年前の全国女子駅伝で優勝した京都のアンカーを務めた筒井咲帆(ヤマダホールディングス、乙訓高出)は1万メートルにエントリー。全日本実業団対抗女子駅伝4位のワコールからは世界選手権代表経験もある安藤友香ら4人が挑む。


 中高生は近畿の各陸協が推薦した58人が出場。京都は立命館宇治高、樫原中、桂中などから挑む。滋賀は比叡山高、瀬田中、水口中などからエントリーした。
 出場予定者は197人。各世代ごとに3000メートル、5000メートル、1万メートルを実施する。