祇園甲部歌舞練場(京都市東山区)

祇園甲部歌舞練場(京都市東山区)

  祇園甲部とは  京都五花街の一つで最大の花街。京都市東山区の八坂神社の門前町にあたり江戸時代から栄えた。南北は新橋通から建仁寺、東西は東大路通から大和大路通のエリアにあたる。春の「都をどり」や秋の「温習会」と呼ばれる舞踊公演でも知られる。祇園甲部歌舞会によると芸妓68人、舞妓28人が在籍している。