京都市役所

京都市役所

 京都府と京都市は11日、新型コロナウイルスに感染していた同市内の90代女性が死亡し、10~90代以上の57人が新たに感染したと発表した。新規感染者は4日連続で50人を上回った。同市の70代男性が重症で、他は調査中の2人を除いて軽症か無症状だった。感染経路不明は29人。府内の感染確認は3131人になった。


 府の発表分は16人。宇治市が4人、長岡京市と木津川市が各3人、城陽市と亀岡市が各2人、八幡市と奈良県在住者が各1人だった。

 京都市によると、亡くなった女性は基礎疾患があった。市発表の感染者は41人。9日に生徒の感染が確認された西ノ京中(中京区)で新たに生徒1人の陽性が判明した。太秦中(右京区)では滋賀県内の医療機関を受診した生徒1人の感染が分かり、同中は11日を臨時休校とした。

 祇園甲部組合(東山区)は同日、新たに20代芸妓と10代舞妓の2人が感染したと明らかにした。10日に感染が判明した芸妓らと合わせ、組合の感染者は計6人となった。

 農林水産省近畿農政局(上京区)は11日、40代女性と50代男性の職員2人の感染が確認されたと発表した。2人とも大阪府在住で京都府と市の発表には含まれていない。近畿農政局は庁舎内の消毒を済ませ、職員10人に対して自宅待機を指示した。