マスク姿で伸びやかな歌声を響かせる出演者たち(京都市中京区・京都堀川音楽高)

マスク姿で伸びやかな歌声を響かせる出演者たち(京都市中京区・京都堀川音楽高)

 クリスマスにちなんだ歌を楽しむチャリティーコンサートが12日、京都市中京区の京都堀川音楽高であった。訪れた市民ら約90人が一足早くクリスマス気分に浸った。

 気軽に音楽に触れてもらおうと、京都市立芸術大と京都新聞が2010年から主催している。今年は同大学院で声楽を専攻する男女10人とピアニストの船橋茉莉子さんが出演した。

 おなじみの「ジングルベル」や「赤鼻のトナカイ」など約30曲を披露。最後に、新型コロナウイルス感染拡大防止のため出演者全員がマスク姿で舞台に上がり、「きよしこの夜」を高らかに歌い上げると、会場は拍手に包まれた。収益は京都新聞社会福祉事業団を通じて地域福祉の充実に使われる。