細かい雪が舞う花背峠(14日午後4時、京都市左京区)

細かい雪が舞う花背峠(14日午後4時、京都市左京区)

 大阪管区気象台は14日夕、大雪に関する気象情報を発表し、15日未明から近畿地方北部の山地を中心に大雪となる恐れがあり、積雪や路面凍結への注意を呼びかけた。降雪量が増えれば警報級の大雪となり、京都市や大津市でも積雪の可能性があるという。

 15日夕方までに予想される積雪は多いところで、京都府北部や滋賀県北部を含む近畿北部の山地50センチ、平地15センチ。京都府南部や滋賀県南部を含む近畿中部の山地35センチ、平地3センチとなっており、京都市内も初雪となり、雪化粧する可能性がある。

 京都府内は、すでに北部や山間部を中心に雪が降り始めており、午後6時の積雪は宮津市上世屋で6センチ、京丹後市弥栄町野中で4センチ。京都市左京区の花背峠でも、午後4時頃には細かい雪が激しく舞った。