カラフルに染め上がったハンカチをアイロンがけする親子連れ(京都市北区・紫野小)

カラフルに染め上がったハンカチをアイロンがけする親子連れ(京都市北区・紫野小)

 京都市北区の紫野小で19日、布の一部を縛って染める「絞り染め」を体験する催しが開かれ、親子合わせて約50人が電子レンジで簡単にできる「レンチン染め」に挑んだ。
 同小PTAが主催で、下京区で染織教室を営む平晶子さん(42)が講師を務めた。約50センチ四方のハンカチを使い、大人は三角形や四角形の板で挟む「板締め絞り」、子どもは手でねじる「ムラ染め」に取り組んだ。絞って固定した、綿のハンカチに染料を垂らし、ラップに包んで電子レンジで加熱。水洗いしたハンカチを広げると、カラフルな模様が浮かび、子どもたちから歓声が上がった。
 参加した同小1年の女子児童(7)は「すごくきれいなのができて楽しかった」と話し、完成した作品を同級生と見比べていた。平さんは「簡単にものが手に入る今、手作りの大切さを感じてほしい」と話す。染織教室は平さんのホームページ「晶SHIBORI」から申し込める。要予約。