【資料写真】2020年2月に行われた前回の京都マラソン。21年はオンライン形式での開催となる(2020年2月16日、京都市右京区)

【資料写真】2020年2月に行われた前回の京都マラソン。21年はオンライン形式での開催となる(2020年2月16日、京都市右京区)

 京都マラソン実行委員会は、ランナーが定員に達していた個人部門の一般枠について、12月24日正午~1月14日午後5時まで追加募集を行うと発表した。定員は設けない。また、ふるさと納税枠は応募が少ないため、1月7日まで募集期間を延長する。

 10回目となる京都マラソンはコロナ禍を踏まえ、1月23日~2月21日に初のオンライン形式で開催する。一般枠は元々4千人を募集していたが、12月1日の募集開始から約1時間半で定員に達していた。

 追加募集枠では、より多くの人に参加してもらうため参加賞をなくし、定員は設けない。参加料は完走メダル有りが2500円、無しが1500円で、共に完走記念の動画も贈られる。エントリーは、サイト「RUNNET」から受け付ける。

 ふるさと納税枠は、定員1千人に対し約200人が応募。市外在住者にはTシャツなどの返礼品が渡される。市市民スポーツ振興室は「市外在住者には、参加賞や返礼品が付いてお得なふるさと納税枠をぜひ活用してほしい」とPRしている。