「少数者」「マイノリティー」に代わる言葉を考える参加者たち(亀岡市安町・市役所)

「少数者」「マイノリティー」に代わる言葉を考える参加者たち(亀岡市安町・市役所)

 京都府亀岡市は、性的少数者(LGBTQ)のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」を来年3月に導入するのを前に、当事者や市民を交えた意見交換会を初めて開いた。多様な性への理解につなげようと、参加者たちは積極的に議論した。

 LGBTQは、同性愛者のレズビアンやゲイ、両性愛者のバイセクシュアル、心と体の性が一致しないトランスジェンダー、自認する性などが定まらないクエスチョニング(または性的少数者の総称クィア)の頭文字。

 亀岡市の制度は、同性カップルなどの関係を市が認め、公的な証明に使える受領証を発行する制度で、市によると、東京都渋谷区をはじめ、60を超える自治体に広がっている。府内では今年9月に京都市が取り入れた。

 亀岡市は要綱の策定を進めており、13日には安町の市役所で、職員研修を兼ねた意見交換会を開催。人口に占める割合が少ないため「マイノリティー」「少数者」と総称されるLGBTQについて、当事者で市議の赤坂マリアさんが「差別されているような響きだ」と指摘した。

 参加者は、班ごとにLGBTQに当てはまることを公言しにくい現状や、属性として名前を付ける必要性について話し合った。個性の尊重や多様性を連想させる「レインボー」や「マーブル」「セクシュアルフリー」などの案が発表された。

 来年1月にも同様の意見交換会を開く。