親綱を持った僧侶が体をのけ反らせて重さ約350キロの撞木(しゅもく)を大鐘に打ち付ける知恩院(浄土宗総本山、京都市東山区)の除夜の鐘(12…