京都地方気象台

京都地方気象台

 京都・彦根の両地方気象台は15日夕、大雪に関する気象情報を発表し、17日にかけて京滋の山地で大雪になり、降雪量が増えれば大雪警報の可能性もあるとして注意を呼びかけた。17日にかけて、京都市や大津市の市街地でも積雪の可能性があるという。

 15日午後8時現在の積雪は、京都府の京丹後市峰山町10センチ、舞鶴市1センチ、滋賀県の米原市11センチ、長浜市余呉町柳ケ瀬9センチ。

 京都地方気象台は、16日午後6時までの24時間降雪量を、多いところで府北部の山地50㌢、平地30㌢、南丹・京丹波と京都・亀岡の山地50㌢、府南部の平地3~5㌢と予想している。彦根地方気象台は、多いところで県北部の山地60㌢、平地30㌢、県南部の山地40㌢、平地10㌢と予想。いずれも、17日まで大雪の恐れがあるとし、ビニールハウスやカーポートの倒壊、積雪や凍結による交通障害への警戒を呼びかけている。