京都府などへの不要不急の外出を控えるよう呼び掛ける三日月知事(大津市・滋賀県危機管理センター)

京都府などへの不要不急の外出を控えるよう呼び掛ける三日月知事(大津市・滋賀県危機管理センター)

 滋賀県の三日月大造知事は15日、京都府内で新型コロナウイルスの市中感染が広がっている可能性が高いとして、同府内での飲食やレジャーなど不要不急の外出を極力控えるよう県民に要請した。新型コロナ特措法に基づく要請で、今月末までを当面の期間として自粛を呼び掛ける。

 県は、大阪府をはじめとする感染拡大地域で会食や接待を伴う飲食を控えるよう県民に求めていたが、要請内容を強めた。

 三日月知事は理由について「経済・社会活動のつながりが深い京都府で新規感染者数や感染経路不明の割合が急増している。1波、2波をみると、京都の増加が滋賀に影響している」と述べた。

 菅義偉首相が観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止を表明したことについては「この状況下で政府の判断は理解する」とした一方、「(旅行や飲食を)楽しむ環境は維持していきたい。感染予防と両立させたい」として、県民にレジャーは県内で楽しむよう呼び掛けた。感染拡大地域を含む他府県民の滋賀への来訪は自粛を求めないとした。

 年末年始の過ごし方についても「普段接する機会のない人と会う場合、事前に互いの体調確認を」「帰省の2週間ほど前から(大人数や長時間に及ぶ飲食など、国が挙げる)『五つの場面』に注意し、感染リスクを下げる行動を」と求めた。

 県によると、県内では、家庭内感染の割合が高い▽70代以上の感染者の割合は増えていない▽重症者病床に十分余裕がある―といい、この日の新型コロナ感染症対策本部員会議で報告した。