うっすらと雪が積もったベンチ(2020年12月16日午前8時半、京都市北区西賀茂の賀茂川)

うっすらと雪が積もったベンチ(2020年12月16日午前8時半、京都市北区西賀茂の賀茂川)

京都市街では今冬初めてバケツなどに氷が張った(2020年12月16日午前8時、京都市北区)

京都市街では今冬初めてバケツなどに氷が張った(2020年12月16日午前8時、京都市北区)

 強い寒気の影響で京都府や滋賀県の北部は大雪となっており、16日朝は京都市街地の北部でもこの冬初めてうっすら雪が積もった。京都・彦根の両地方気象台は、京都市も含め京都・滋賀の広い範囲に大雪注意報を発表し、17日午前中にかけて大雪のピークが続くとして警戒を呼びかけている。

 16日午前10時の積雪は、京都府の京丹後市峰山町で27センチ、舞鶴市で5センチ。滋賀県の長浜市余呉町柳ケ瀬で35センチ、米原市朝日で25センチ、高島市今津町で9センチとなっている。京都市街北部の西賀茂などでも、朝はうっすらと民家の屋根や畑が雪化粧し、京都市では初氷を観測した。

 両気象台は16日朝、大雪に関する気象情報を発表。17日午前6時までの24時間に、多いところで京都府北部の山地50センチ、平地30センチ、南丹・京丹波と京都・亀岡の山地50センチ、京都・亀岡の平地5センチ、滋賀県北部の山地60センチ、平地30センチ、滋賀県南部の山地30センチ、平地10センチの積雪を予想している。