厳しい冷え込みで初氷を観測し、畑の容器に氷が張った(16日午前7時46分、京都市左京区岩倉)

厳しい冷え込みで初氷を観測し、畑の容器に氷が張った(16日午前7時46分、京都市左京区岩倉)

 近畿地方は16日朝、各地で寒さが強まり、今季一番の冷え込みとなった京都市内では、初氷を観測した。通勤や通学の人たちが厚手のコートを着込んで目的地を目指していた。

 京都地方気象台によると、京都市内の最低気温は0・6度で、平年の3・1度を下回った。南丹市園部町で氷点下3・8度を記録するなど各地で今季最低の気温を記録した。

 冬型の気圧配置で上空を強い寒気が覆っているためで、17日午前まで寒波が続き、京都市や亀岡市の平地でも多いところで5センチの積雪を予想している。

 京都市左京区岩倉の畑では水槽に氷が張り、朝日を浴びてきらきらと輝いていた。市内の初氷は昨年より7日遅い。