京都府内の新型コロナ感染者発表数の推移(12月)

京都府内の新型コロナ感染者発表数の推移(12月)

 京都府内で16日、新型コロナウイルス感染者数が過去最多の97人となり、10~16日までの1週間の感染者は452人となった。前週(3日~9日)は307人、2週間前(11月26日~12月2日)は161人で、週あたりの感染者数は2週間で3倍に急増した。

 16日までの1週間は、祇園や先斗町の花街で芸舞妓らの感染が拡大するなど、大半が京都市の感染者となっている。16日は、京都市だけで75人の感染が判明した。

 京都府内の重症者病床使用率は、15日段階で9・3%で、横ばいが続いている。PCR検査の陽性率(7日間平均)は、15日段階で7・4%となり、1週間で2ポイント上昇した。

 京都府は9日の新型コロナ対策本部会議で、大阪府や東京都など感染拡大地域との不要不急の往来自粛や、飲食店の利用は原則4人以下にとどめることを府民に緊急要請すると決めていた。