今年の福給会(2020年1月3日、京都府亀岡市曽我部町・穴太寺)

今年の福給会(2020年1月3日、京都府亀岡市曽我部町・穴太寺)

 京都府亀岡市曽我部町の西国三十三所第21番札所・穴太寺は、毎年1月3日に営んでいる新春恒例の「福給会(ふくたばえ)」を、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来年は中止すると決めた。300年以上続くとされる伝統行事で、同寺によると、過去に中止の記録はないという。

 福給会は、本堂屋根の高さのやぐらから約3千枚の福札をまく行事。やぐらの下に多くの参拝者が集まり、宙を舞う福札目掛けてひしめき合うため、コロナ禍での開催は難しいと判断した。

 参拝者による除夜の鐘突きも今年は取りやめる。三が日は門は開放しており、同寺は「静かにお参りしてもらえれば」としている。