雪化粧し、水墨画のような世界になった銀閣寺(2020年12月17日午前8時頃、京都市左京区・銀閣寺)

雪化粧し、水墨画のような世界になった銀閣寺(2020年12月17日午前8時頃、京都市左京区・銀閣寺)

 強い寒気の影響で京都市内は17日未明から雪が降り続き、今冬初めて中京区で1センチの積雪を観測した。

 世界遺産・銀閣寺(京都市左京区)では、2~3センチ積もり、観音殿銀閣は雪をかぶって風情ある姿に。境内の展望台から眺めた銀閣はまるで水墨画の世界になり、参拝客がさかんにスマートフォンで撮影していた。