京都を舞台にした「科捜研の女」。映画版でも榊マリコ(沢口靖子さん=左)と、土門刑事(内藤剛志さん)が名コンビを見せる=(c)2021「科捜研の女―劇場版―」製作委員会

京都を舞台にした「科捜研の女」。映画版でも榊マリコ(沢口靖子さん=左)と、土門刑事(内藤剛志さん)が名コンビを見せる=(c)2021「科捜研の女―劇場版―」製作委員会

 京都を舞台にしたテレビドラマ「科捜研の女」が、初めて映画化されることが決まった。太秦の東映京都撮影所(京都市右京区)を拠点に作られ、1999年から続く人気シリーズ。来年公開を目指し、主演の沢口靖子さん(55)は「本当に夢のよう。20年間の集大成に」と力を込める。

 17日夜にテレビ朝日系で放映された「科捜研の女 シーズン20」の最終回で、沢口さん演じる京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊(さかき)マリコ自ら発表した。

 「科捜研の女」は、マリコを中心とした研究員や、捜査1課刑事の土門薫(内藤剛志さん)らが専門技術を生かし、事件解明に挑む。科学捜査に焦点を当てた刑事ドラマの先駆けで、視聴率も安定して2桁台を獲得。昨年は初めて1年間を通して放送するなど、計250話以上を制作してきた。

 映画版では、世界同時多発で不審死事件が起こり、現代科学では解けないトリックを操る「最強の敵」が現れる。沢口さんは「マリコは相変わらず真相解明のために向こう見ずで愛すべきキャラクターのままです」としつつ、「映画ならではのスケールで、いい形で化学反応を起こし、ダイナミックな作品となります。熱い意気込みをかけて撮影しています」と語る。

 監督はテレビシリーズも手掛けてきた東映京都育ちの兼﨑涼介さん(45)が担う。

 東映京都が中心となって企画製作する映画は、2013年の時代劇映画「利休にたずねよ」以来。太秦の活性化にも期待がかかる。