京都府庁

京都府庁

 京都府は17日夕、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、京都市内で酒類を提供する飲食店などに営業時間を午後9時までに短縮するよう要請すると正式に決めた。期間は21日から来年1月11日まで。

 時短を求めるのは他に、同市内の接待を伴う飲食店やカラオケ店など。要請に応じた場合、休業日を除いて1日当たり4万円、最大で88万円の協力金を支払う。対象は約7千店と見込まれている。

 府内では今月上旬から京都市内を中心に感染が拡大し、16日には過去最多となる97人の感染が確認された。同日までの1週間で1日当たりの新規感染者は64・71人に上っている。