松竹映画のパンフレットが並ぶ会場(京都市右京区・右京中央図書館)

松竹映画のパンフレットが並ぶ会場(京都市右京区・右京中央図書館)

 京都市右京区太秦に撮影所がある松竹の映画配給100周年を記念したミニ企画展が、同区の右京中央図書館で開かれている。普段は公開していない同館所蔵の映画パンフレットが並ぶ。


 松竹の映画製作は、松竹の前身で演劇専門だった松竹合名社が、1920(大正9)年に松竹キネマ合名社を設立したのが始まり。2008年に閉館した旧右京図書館では撮影所に近かった縁で、松竹が製作した映画のパンフレットを収集していた。

 会場には、「蒲田行進曲」(1982年)や「たそがれ清兵衛」(2002年)など1980~2000年代のパンフレット8部をショーケースの中に展示。表紙や各監督のインタビュー記事を眺めることができる。映画のDVDやサウンドトラックを貸し出す作品もある。

 28日まで。午前9時半~午後7時(土日は午後5時)。火曜休館。無料。