京都サンガとの契約を延長したウタカ。ピッチ外ではユーモラスな性格で愛される(サンガスタジアム京セラ)

京都サンガとの契約を延長したウタカ。ピッチ外ではユーモラスな性格で愛される(サンガスタジアム京セラ)

 J2京都サンガFCは18日、FWピーター・ウタカ(36)との契約を更新した、と発表した。J2得点ランキングでトップを独走するストライカーの去就に注目が集まり、他クラブも関心を示していたが、サンガが慰留に成功した。ウタカは「来年こそは、サンガに関わるすべての方々の夢、J1昇格をかなえるためにもさらなるハードワークを、チャレンジをしたい」と力強くコメントした。

 サンガの絶対的エースが、来季も紫のユニホームを着る。今季のチーム総得点は47。一人でおよそ半数の22ゴールをマークしている助っ人は、新監督として就任が決まっている京都市出身の曺貴裁(チョウキジェ)氏(51)の下でプレーすることになる。走力を生かしたスタイルの印象が強い指揮官の下、起用方法にも注目が集まる。

 ピッチ外では若手と積極的にコミュニケーションを図り、明るい人柄でチームメートからも慕われている。クラブ関係者は「今やサンガの顔。来季もストライカーとしての非凡な能力を発揮してほしい」としている。

 ナイジェリア出身のウタカは2016年のJ1得点王。今季J2甲府からサンガに加入し、リーグ戦39試合に出場して22得点を挙げて現在J2得点ランキングトップ。リーグ1試合を残して得点王をほぼ手中にしている。