新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は18日、未就学児から90代の計79人が新たに新型コロナウイルスに感染した、と発表した。中等症の1人と調査中の3人を除き、いずれも軽症か無症状。41人の感染経路が分かっていない。府内の感染確認は3636人となった。

 市の発表分は62人。双ケ丘中の生徒1人が感染し、市教育委員会によると週明け21日以降の対応は未定。陽性判明の未就学児1人は保育園児で、通園先は28日まで休園する。院内感染が発生している京都第一赤十字病院(東山区)では、新たに50代職員1人が感染した。

 府の発表分は17人。居住地別では向日市4人、亀岡市と城陽市が各2人、宮津、長岡京、八幡、京田辺、木津川の各市でそれぞれ1人だった。府内の医療機関を受診した京都市の4人も含まれる。

 クラスター(感染者集団)が発生した同志社大ラグビー部と六地蔵総合病院(宇治市)で、それぞれ新たに1人の部員と入院患者が陽性となった。