京滋代表校のオーダー

京滋代表校のオーダー

 20日号砲の男子第71回、女子第32回全国高校駅伝の監督会議が19日、京都市市民スポーツ会館で行われ、男女各47チームのオーダーが決まった。新型コロナウイルス感染対策のため、開会式は中止された。京都は男子の洛南、女子の立命館宇治、滋賀は男子の滋賀学園、女子の比叡山が出場する。

■「レース楽しみながらチャレンジを」

 8年連続出場の比叡山は1、2年5人が走る。吉居監督は「選手は落ち着いて準備ができている。レースを楽しみながらチャレンジしてほしい」と期待をこめた。

 1、2区に3000メートルの自己記録が速い1年の荒田と松田を起用。3~5区は上り下りに考慮してメンバーを選んだ。

 監督は「中間点まで上位集団にしがみついてほしい」と躍進のポイントを語った。