ガッツポーズでゴールする3位に入賞した洛南のアンカー溜池(たけびしスタジアム京都)

ガッツポーズでゴールする3位に入賞した洛南のアンカー溜池(たけびしスタジアム京都)

5位に入賞した立命館宇治のアンカー村松灯(たけびしスタジアム京都)

5位に入賞した立命館宇治のアンカー村松灯(たけびしスタジアム京都)

 全国高校駅伝が20日、京都市右京区のたけびしスタジアム京都を発着点に行われ、第71回大会の男子(7区間42・195キロ)は、京都の洛南が留学生を含まない高校最高記録を更新する2時間2分7秒で3位だった。洛南が3位に入ったのは1998年の第49回大会以来。第32回大会の女子(5区間21・0975キロ)は京都の立命館宇治が1時間8分19秒で5位だった。

 世羅(広島)が男子は2時間1分31秒、女子が1時間7分13秒でともに頂点に立ち、アベック優勝を果たした。滋賀勢は女子の比叡山が1時間13分29秒で37位、男子の滋賀学園が2時間4分35秒で過去最高の12位だった。