色彩豊かな日本各地のたこが並ぶ会場(京都府福知山市猪崎・市児童科学館)

色彩豊かな日本各地のたこが並ぶ会場(京都府福知山市猪崎・市児童科学館)

 日本各地の伝統的なたこを集めた展示が、京都府福知山市猪崎の市児童科学館で開かれている。色彩豊かで個性的なデザインのたこが会場を彩り、新春のムードを高めている。

 2011年に全国のたこを収集していた市民から寄贈を受け、正月の時期に合わせて毎年開催。今年は21都道府県の42種類113点を紹介している。

 会場には、「あっかんべー」の顔などを表現した静岡県の「横須賀凧(たこ)」やアイヌをテーマにした北海道の「蝦夷凧」が並ぶ。立体的にチョウやハチをかたどった愛知県のたこ、干支(えと)を描いた高知県のたこ、カッパやひな人形を描写した福岡県のたこなども展示され、来館者が見入っている。

 1月24日まで。午前9時~午後5時。入館料が必要。12月28日~1月1日と水曜は休館。