【資料写真】東尋坊に砕ける荒波(福井県坂井市)

【資料写真】東尋坊に砕ける荒波(福井県坂井市)

 乗用車のトランクに監禁された20歳男性が遺体で発見された事件で、滋賀県警捜査1課と少年課などは20日、監禁容疑で、滋賀県長浜市のとび職の男(39)と高校生を含む17~19歳の少年6人の計7人を送検した。トランクに監禁した乗用車はレンタカーで、滋賀県彦根市から福井県坂井市の東尋坊付近までもう1台の車と分乗して向かったとみて、県警は捜査している。

 逮捕容疑は、共謀し、18日午前9時~午後6時、彦根市のアルバイト少年(19)宅前から坂井市の東尋坊付近を走行する乗用車のトランクに、東近江市の職業不詳の男性(20)を監禁した疑い。
 捜査1課によると、19日早朝、滋賀県警から捜査協力を依頼された福井県警などが、東尋坊の崖下約20メートルの海に浮いている男性遺体を発見し、東近江市の男性と確認された。外傷が複数あり、21日に司法解剖して死因を調べる。
 彦根市から東尋坊までは約120キロ。東尋坊は海に面した絶壁で知られる景勝地。