三洋化成工業と次世代リチウムイオン電池(LiB)の「全樹脂電池」を開発するAPB(東京)は21日、電気自動車(EV)向けバッテリー市場に参入する計画を発表した。全樹脂電池の初となる生産拠点を建設中の福井県内に新たに旗艦工場を新設する方針で、量産を加速する。