京都地検

京都地検

 京都地検は21日、殺人未遂と公務執行妨害などの疑いで逮捕された京都府舞鶴市の無職男性(36)を不起訴処分にした。地検は処分の理由を明らかにしていないが、今月14日まで約4カ月間の鑑定留置を行って刑事責任能力を問えないと判断したとみられる。京都地裁は同日、心神喪失者等医療観察法に基づく地検の申し立てを受け、鑑定入院の命令を出した。

 男性は7月25日、舞鶴市で職務質問しようとした舞鶴署行永交番の男性警部補を包丁で切りつけたとして現行犯逮捕された。