新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は21日、府発表分で1人が死亡し、10~90代の47人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者はいずれも軽症か無症状で、府内の感染者数は3827人となった。府は死亡者の詳細を発表していない。

 市の発表分は34人。クラスター(感染者集団)が発生した京都第一赤十字病院(東山区)では、患者と職員計9人の感染が判明し、同病院関係者の感染は30人となった。このほか、接待を伴う飲食店の30代女性従業員2人や、家庭内感染で40~70代男女5人が判明した。

 府の発表分は13人。六地蔵総合病院(宇治市)で患者1人が感染し、同病院関係の感染者は21人となった。居住地別では宇治市が5人、京都市、長岡京市、亀岡市が2人、城陽市と八幡市が1人。