雨で道がぬかるむ中でもスピードを上げて進む競技者(京都府南丹市美山町向山)

雨で道がぬかるむ中でもスピードを上げて進む競技者(京都府南丹市美山町向山)

 京都府南丹市美山町向山の虹の湖パターゴルフ場で毎年、不整地を走る自転車競技「シクロクロス」の大会が開かれている。関西圏を中心に競技者が訪れ、地域がにぎわう機会になっている。

 「関西シクロクロス大会」で、同実行委員会(京都市右京区)と府自転車競技連盟(向日市)の主催。シーズンは秋から冬で、今季は10月から来年3月にかけて京都府や滋賀県などで場所を変えながら計11回開催される。

 美山町は「自転車の聖地」とされ、京都美山サイクルロードレースなどの大会も催されている。向山地区はパターゴルフ場を活用しようと5年前に大会を誘致した。練習場にもしており、梅津博英区長(58)は「多くの人が訪れてくれることで地域が盛り上がる。特産のユズも含めてPRしたい」と意気込む。

 12月13日の大会では、雨が降る悪天候で道が滑りやすくなり、地面がぬかるむ中で、450人の競技者が荒い息を吐きながら坂を駆け上った。実行委の矢野淳事務局長(57)は「路面の状況に応じて走破するのが面白い。美山の自然を感じながらぜひ走ってみて」と呼び掛けた。