新型コロナウイルス禍に揺れた2020年の暮れも押し詰まる中、南丹市園部町竹井の摩気神社に掛けられた119年前の「咸寧(かんねい)」と揮毫(きごう)された額が関心を集めている。咸には