「京大博士のパズルに挑戦」のLINEスタンプ

「京大博士のパズルに挑戦」のLINEスタンプ

 京都新聞ジュニアタイムズで連載中の「京大博士のパズルに挑戦」が、無料通信アプリ「LINE」のスタンプになった。連載を担当するパズル博士の東田大志さん(36)がかわいいキャラクターとなって登場。スタンプがパズルにもなっており、楽しい謎解きメッセージを送ることができる。

 手掛けたのは、イラストレーターのタニガワマキ(谷川槙)さん(37)=京都市中京区。秋に出版された東田大志さんのパズル本に、東田さんのキャラクターを描いた縁で、東田さんが考えたパズルやメッセージをイラスト化した。

 スタンプは40種類あり、パズルは迷路や漢字、あみだくじなど。「ときどき休けいも必要だよ」といった言葉のメッセージスタンプもある。

 東田さんは「メッセージのやりとりが簡単にできて便利な時代だからこそ、考えて答えを見つけるという『めんどくささ』を楽しんでほしい」とパズルに込めた思いを語る。タニガワさんは「東田さんとウサギのキャラクターで、パズルを解く楽しさを表現した」と話した。

 120円で購入できる。https://line.me/S/sticker/13959818