【資料写真】2020年1月7日の始業式の様子(京都市東山区・ギオンコーナー)

【資料写真】2020年1月7日の始業式の様子(京都市東山区・ギオンコーナー)

 京都花街組合連合会は12月23日、新年の恒例行事「始業式」を五花街すべてで中止する、と発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見通せないため。

 始業式は例年1月7日に祇園甲部、宮川町、先斗町、祇園東、9日に上七軒で行われ、芸舞妓が黒紋付きの正装で集い、1年の精進を誓う。各花街では規模を縮小しての開催も模索したが、花街からも感染者が出ている状況を踏まえ、取りやめを決めた。