【資料写真】京都市の門川市長(左)、京都府の西脇知事

【資料写真】京都市の門川市長(左)、京都府の西脇知事

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、開業医や診療所の医師らでつくる京都府保険医協会は23日、年末年始の医療態勢を強化するよう京都府の西脇隆俊知事と京都市の門川大作市長に宛てて緊急要請を行った。

 要請では、年末年始の相談や受診の態勢を府民に広く周知し、不安を軽減するよう求めた。また、新規患者を受け入れる病院への財政的な支援について、協力金の支給対象を入院だけに限らず、外来にも拡大するよう要望した。

 同協会事務局は「外来も支援することで、使命感を持った受け入れ病院が掘り起こせる。そうやって年末年始の態勢充実につなげてほしい」としている。