京丹後市の中山泰市長

京丹後市の中山泰市長

 衣料品通販大手「ZOZO(ゾゾ)」創業者の前沢友作さん(45)が23日までに、全国の156自治体にふるさと納税で500万円ずつ寄付すると発表し、応募していた京都府京丹後市や亀岡市、福知山市が選ばれた。11月に前沢さんが自身のツイッターで募集し、中山泰京丹後市長らが返信していた。

 前沢さんは先月19日、今年納付予定のふるさと納税約8億円の寄付先について、返礼品を辞退するとしたした上で「有効活用していただける自治体の首長の皆様、アイデアをつけてツイートください」との旨を発信していた。

 中山市長は住民らから連絡を受け、町づくりを訴えるいい機会として応募を決め、急きょ秘書広報課の1年目の女性(23)に教わりながら新たにアカウントを作成して投稿した。

 結果、前沢さんは今月21日に応募のあった全自治体に500万円ずつ寄付することを表明し、翌日に秘書を通じて市に連絡があった。中山市長は「とてもありがたい。次世代が求める町づくりのために使わせていただきたい。いい意味でのつながりができたら」と感謝した。