「これがなければ事件に発展しなかったと思うとやるせないな」「アニメスタジオがやることじゃなかったんだよ」

京都アニメーション放火殺人事件から1年余りが過ぎた今年8月13日。「中二病でも恋がしたい!」や「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」など話題作を生み出してきた「京都アニメーション大賞」の休止が発表されるや、インターネットにさまざまな反応が書き込まれた。

「京都アニメーション大賞」の休止を告知する京アニのホームページ

殺人や現住建造物等放火などの罪で起訴された被告の青葉真司(42)が京都アニメーション大賞に小説を応募し、「盗用された」と供述したことが明るみになって以降、京アニ賞が存続するかどうかに大きな注目が集まっていた。

創設から10年余り。選考にかかる労力のみならず、応募者とのトラブルというリスクを抱えてまで、京アニはこの原作公募システムに何を託そうとしたのか。

この謎に迫るには、日本のテレビアニメの歴史を丁寧にひもとく必要がある。手探りで取材を続ける私たちにヒントをくれたのは、「10万馬力」で知られる、あの少年ロボットだ。

半世紀前の衝撃、生々しく

1963年に国産初の連続テレビアニメとして放映された「鉄腕アトム」は、最高視聴率が40%を超える歴史的ヒットを記録した。

鉄腕アトムがアニメ化された過程を「革命」と表現する杉井ギサブロー

「これほど成功するなんて、最初は誰も想像できなかった」

アニメ監督の杉井ギサブロー(80)は18歳で東映動画(現在の東映アニメーション)に入社すると、その4年後、手塚治虫が立ち上げた「虫プロダクション」に転職した。

のちに「まんが日本昔ばなし」や「タッチ」など数々の名作を手掛けたアニメ界の巨匠は、半世紀以上前に受けた衝撃をまるで昨日の事のように語る。

手塚治虫が鉄腕アトムで目指したのは、週1回放映の連続テレビアニメ。今では当たり前に思われる放映スケジュールだが、当時は技術や費用、労力の面から夢物語とされていた。

演出を手掛けた杉井によると、初期の虫プロにはアニメーターが30人ほどしかいなかった。「30分のアニメを毎週放映するには3千人のアニメーターが必要」とも言われた時代。手塚の計画は無謀とされ、業界には反対論が渦巻いた。