「理念だけは大事にしたいと思っていまして、それは『クリエイターを第一に』ということです」

京都アニメーション(本社・京都府宇治市木幡)社長の八田英明(70)は、2005年に発行されたアニメ専門誌「アニメージュ」の対談企画でこんな言葉を残している。

わずか42字の言葉だが、ここに京アニのすべてが集約されている。

1981年創業の京アニは、八田の妻陽子が、手塚治虫の虫プロダクションで以前働いていた縁で、近所の主婦仲間とセル画に色を付ける「仕上げ」を手掛けたことに始まる。

「涼宮ハルヒの憂鬱」の関連書籍

2000年代初頭、元請け企業として制作全般を取り仕切るようになった。そんな京アニの名を国内外に知らしめた作品がある。

06年に放映が始まった「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」。

角川スニーカー文庫のライトノベル(著者・谷川 流、イラスト・いとう のいぢ)を原作とするアニメで、京アニを代表するヒット作だ。

涼宮ハルヒは、深夜の放送にもかかわらず、若者たちを中心に絶大な人気を誇った。

ブームの恩恵、届かず

有名スタジオの仲間入りを果たした京アニだったが、社内には割り切れない空気も漂った。

当時、京アニで作画部門を担当していた上宇都(かみうと)辰夫(56)は「会社の知名度は上がっても、会社に入ってくる制作費が増えるわけではない。自分たちの給料も変わらなかった。たとえブームを巻き起こすことができても、制作現場がその恩恵を受けることは極めて難しいということを実感した」と振り返る。

人気作品を生み出しても、制作現場は報われない―。業界の構造的問題から抜け出すため、京アニは大きな一手を放つ。「京都アニメーション大賞」の創設だ。