滋賀県警本部

滋賀県警本部

 滋賀県東近江市の男性(20)が福井県坂井市の東尋坊で遺体で発見され、少年ら7人が逮捕された監禁事件で、男性と監禁容疑で逮捕された少年らが10月上旬、仲間として一緒に行動していたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。滋賀県警は、10月上―中旬に急に仲間内でトラブルが生じたとみて経緯を調べる。

 捜査関係者によると、10月上旬、男性と容疑者グループの複数の少年が、東近江市で別の若者らと口論するトラブルを起こし、通報を受けた県警が出動した。その際、男性と容疑者グループは仲間として行動していた。県警は、男性の行方不明届が出ていたため、家族に連絡するよう促したが、その後連絡はなかったという。

 県警は、18日に男性を東尋坊へ走る乗用車のトランクに監禁した疑いで、長浜市のとび職少年(19)ら7容疑者を19日に逮捕した。男性は19日早朝、東尋坊の海で遺体で発見されており、7容疑者が死亡に関わったとみて調べている。