3月の大津地裁再審判決は、明確に西山さんの無罪を示したが、検察が公判で争わなかったため、わずかな審理で結審し、捜査の実態は不明なままだ。このため、国家賠償請求訴訟は冤罪(えんざい)を招いた捜査の瑕疵(かし)と責任の所在を本腰で問う場となる。「捜査の問題点を明らかにし、新たな冤罪被害者を生まないための力にしたい」。再審無罪を勝ち取った弁護団に続き団長を務める井戸謙一弁護士は、狙いを強調する。