大しめ縄を張って迎春準備を進める神職ら(26日、京都市伏見区・伏見稲荷大社)

大しめ縄を張って迎春準備を進める神職ら(26日、京都市伏見区・伏見稲荷大社)

 初詣に備えたしめ縄張りが26日、京都市伏見区の伏見稲荷大社で行われた。寒風が吹く中、参拝者が迎春準備を見守った。

 神職や神楽女ら20人が作業した。高さ4メートルほどの本殿のはりにはしごを立て掛け、見た目のバランスに気を配りながら、長さ8メートル、重さ60キロのしめ縄を張った。その後、「聖域」を示す「紙垂(しで)」などを飾り付けて仕上げた。

 伏見稲荷大社のしめ縄は、穂を付けたままの稲が垂れているのが特徴。京都府南丹市美山町の住民グループ「京都美山かやぶきの里継承会」が奉納した。

 作業に当たった大社職員は「『新型コロナウイルスが終息し、皆が健やかに新年を過ごせるように』との願いを込めた」と話していた。本殿のしめ縄は来年1月14日まで掲げられる。