衆院議員の任期満了が10月に迫り、今年は政権選択の機会が巡ってくる。コロナ禍で政治の役割が鋭く問われている中、政権維持がかかる首相の菅義偉はいつ衆院解散・総選挙に打って出るのか、迎え撃つ野党の共闘は実現するのかに注目が集まる。京都では共産党との連携に他の野党が否定的で、自民党、立憲民主党・国民民主党の旧民主党系、共産党の3極を軸に、日本維新の会が絡む展開が見込まれる。