戦前から続く染色会社の社長は、廃業を決断した後も迷っていた。まとまった量の絹糸を染める会社は少なく、発注元に迷惑が掛かる。上月康秀さん(4…