一般非公開で行われた試し突きで大鐘を響かせる僧侶たち(27日午後2時10分、京都市東山区・知恩院)

一般非公開で行われた試し突きで大鐘を響かせる僧侶たち(27日午後2時10分、京都市東山区・知恩院)

 京都市東山区の知恩院で27日、「除夜の鐘」の試し突きがあった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大みそかの鐘突きは一般参拝が中止されるが、僧侶たちは本番さながらの真剣な表情で臨み、重厚な鐘の音を響かせた。

 知恩院の大鐘は高さ3・3メートル、直径2・8メートル、重さ約70トンで日本三大梵鐘の一つとされる。この日、僧侶たちはマスク姿で大鐘楼(重要文化財)に集まり、太い親綱1本と小綱16本を手にした計17人で順に試し突きをした。「えーい、ひとーつ」「そーれ」の掛け声に合わせ、親綱を持つ僧侶が撞(しゅ)木(もく)にあおむけにぶら下がるようして鐘を突くと、「ゴーン」という重低音が周囲に鳴り響いた。

 知恩院は31日午後10時30分ごろから、僧侶のみで行う鐘突きの様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信する。大﨑順敬執事(59)は「野外だが、人が集まると密になるのでこのような形になった。皆さんと心を一つにして新型コロナの終息を念じながら108回の鐘を突きたい」と話した。