【資料写真】京丹後市立弥栄病院

【資料写真】京丹後市立弥栄病院

弥栄病院内での感染状況について説明する神谷病院長(28日午前10時ごろ、京丹後市峰山町・市役所)

弥栄病院内での感染状況について説明する神谷病院長(28日午前10時ごろ、京丹後市峰山町・市役所)

 京都府京丹後市は28日、市立弥栄病院で看護師1人と入院患者ら5人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。同病院は「院内感染の疑いがある」とし、救急や外来診療の一部を当面制限する。市内唯一の産婦人科であることから分娩(ぶんべん)や、人工透析には対応するという。

 市によると、30人規模のクラスターが発生した大宮町の通所介護施設の利用歴がある入院患者の感染を24日に確認した。大部屋の同室の患者など病棟の濃厚接触者ら延べ184人を27日までに検査したところ、新たに5人が陽性だった。症状は無症状か軽症という。

 28日に検査した10人については陰性が確認されており、2日の休日診療は31日に市立久美浜病院に代替するか判断する。神谷匡昭病院長は「丹後保健所の指示を仰ぎ、感染防止対策を講じながら一日も早い通常の医療提供が実現できるよう努める」と話した。