夕刻、西陣ですっぽんを食す。川端康成は小説『古都』(昭和37年)で、西陣の呉服屋が「西洋建ての四階」に改築したと嘆き、また手紙で東山魁夷に…