後半、相手の攻撃をタックルで懸命に防ぐ光泉カトリックの選手たち(大阪府東大阪市・花園ラグビー場)

後半、相手の攻撃をタックルで懸命に防ぐ光泉カトリックの選手たち(大阪府東大阪市・花園ラグビー場)

前半、厳しいディフェンスで相手の攻撃を止める光泉カトリックの選手たち(大阪府東大阪市・花園ラグビー場)

前半、厳しいディフェンスで相手の攻撃を止める光泉カトリックの選手たち(大阪府東大阪市・花園ラグビー場)

 ラグビーの全国高校大会第2日は28日、花園ラグビー場で1回戦16試合が行われ、2大会連続10度目出場の光泉カトリックは3―24で東海大相模(神奈川、関東ブロック)に敗れた。

 光泉は前半11分に相手ゴール前でPGを決めて先制したが、16分に東海大相模に大きく左展開されトライを許した。後半は5分、21分に連続トライを奪われ、攻撃はノートライに抑えられた。