天正19(1591)年、平安京になかった城壁が京都を突如として囲った。土塁(土居)と堀を備え、当初は「土居堀」(御土居)と称された。豊臣秀吉が北条攻め後に築いたゆえ、小田原城の惣構(そうがまえ)(9キロ)を参照し、より長大にして張り巡らせたようにも思えてしまう。